募集投信

野村ハイベータ日本株1903(早期償還条項付)の解説!

(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株201903 投資信託
野村ハイベータ日本株1903(早期償還条項付)は、大きく株価が動く傾向のある日本株に投資をする投資信託です。
この市場が下落したタイミングで儲けたい!」と考えている人向けの投資信託です。

早期償還条項が付いているので、基準価額が12,000円以上となった場合に繰上償還します。
長期で保有して運用する投資信託”ではなく、”相場のリバウンドを狙って投資する投資信託”だと思います。

募集期間は以下の通りです。

当初申込期間 2019年2月18日(月)から
2019年2月28日(木)まで

(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株1903とは

(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株201903 投資信託
(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株1903は、市場の値動きより大きく株価が動く傾向がある日本株(ハイベータ株)に着目した投資信託です。
ハイベータ株とは、市場全体の値動きよりも価格変動が大きい銘柄のことをいいます。
野村ハイベータ日本株1903 投資信託

ハイベータ株は、相場の上昇時でも下落時でも市場全体よりも大きく変動します。
(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株1903では、上昇時でのベータが下落時よりも高くなる運用を目指しています。
野村ハイベータ日本株1903 投資信託

ハイベータ株のパフォーマンスをみると、TOPIXや日経平均とくらべて大きく株価が変動しています。
下落局面では、ハイベータ株は株価指数よりも大きく下落していますね。
下落局面では、普通の投資信託よりも損する可能性が高い!」ということは、必ず頭に入れておいてください。
野村ハイベータ日本株1903 投資信託

(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株1903は、基準価額が12,000円以上になると繰上償還となります。
基準価額が12,000円に達しなかった場合は、2025年3月に償還します。
野村ハイベータ日本株1903 投資信託

ポートフォリオ

(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株1903のポートフォリオは、こちらです。
TOPIXと比較すると、“電気機器”や“機械”などのセクターの比率が高いようですね。
“電気機器”や“機械”セクターは、中国の景気動向の影響を大きく受けるので、注意が必要です。
野村ハイベータ日本株1903 投資信託

運用方針に沿って選定した銘柄の一覧です。
野村ハイベータ日本株1903 ポートフォリオ

デメリット

コストが高い

(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株1903の最大のデメリットは、コスト(手数料)が高いことです。
コスト(手数料)はこちらです。

・購入時手数料
3.24%(1億円未満)
・信託報酬
…年 1.134%
・信託財産留保額
…基準価額に0.3%の率を乗じて得た額

上記の通り、一般的な投資信託と比較するとコストは高めです。
例えば、(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株1903を購入して、3年間保有して売却した場合、コストは6.942%かかります。
※購入時手数料3.24%+信託報酬3.402%(3年間)+信託財産留保額0.3%

販売会社

(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株1903は、野村證券1社だけの取扱いです。

今回のまとめ

(早期償還条項付)野村ハイベータ日本株201903 投資信託
今回の記事のポイントはこちらです。

・野村ハイベータ日本株1903は、日本株の投資信託
・ハイベータ株は、一般的な株価指数よりも変動が大きい
・コスト(手数料)は、比較的高め
・基準価額が12,000円以上となると繰上償還する

野村ハイベータ日本株1903(早期償還条項付)は、大きく株価が動く傾向のある日本株に投資をする投資信託です。
「この市場が下落したタイミングで儲けたい!」と考えている人向けの投資信託です。
ただし、相場が下落した際は大きく損する可能性もあるので要注意ですね。

関連資料

野村ハイベータ日本株1903(早期償還条項付):『公式HP』
野村ハイベータ日本株1903(早期償還条項付):『販売用資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。